●東京地検八王子支部が犯罪の嫌疑が認められないとの理由により不起訴処分を下したことについて、当院は下記のプレスリリースを出しました。

当クリニック院長八木田旭邦が故菊池園子氏の御遺族から詐欺罪の刑事告発を受けていた事件について、東京地検は2006年12月18日、「犯罪の嫌疑が認められない」との理由により不起訴処分を行いました。これは当然の処分結果であり、私達が改めて御説明申し上げることはありません。
今回の無責任な理由なき刑事告発行為は当クリニックに対する重大な信用毀損行為であり、当クリニックはこれに対する法的措置の検討を行っております。
皆様方には御心配をおかけしましたが、以上のとおりこの案件は終了いたしました。
当クリニックは不当な誹謗中傷を排し、当クリニックに課せられた社会的使命を全うするべく、襟を正して新免疫療法の実践に力を注ぐつもりです。皆様方の御支援御鞭撻をお願いいたします。
平成18年12月29日
オリエント三鷹クリニック
院長 八木田旭邦
新免疫療法によるがん治療の『TOP』に戻る